調査レポート R&A

全件表示 レポート検索   |   著者 : 小林雅一

アプリでもご覧頂けます。
2016/11/30

運転支援から自動運転へ  -Tesla事故から考える「ヒトとクルマの本来の関係」-

米Tesla Motorsの半自動運転機能「Autopilot」が今年5月に引き起こしたドライバー死亡事故は、世界的に進む自動運転技術の開発に再検討を迫っている。欧米の自動車メーカーの中には、Tesla Autopilotのような「半自動運転」からGoogleが目指しているような「完全自動 ... …

2015/10/22

AIバブルへの警鐘――人工知能への過剰な期待は禁物、今のAIに出来る事と出来ないことを見極めることがAIビジネスの成否を分ける

近年、AI(人工知能)の発達と実用化には目覚ましいものがある。たとえば日々、認識精度を上げているGoogleの音声検索、交通・輸送手段などに革命をもたらすと見られる自動運転車、さらにはコンピュータによる同時通訳の自動化など、AIが私達の社会や産業界に与えるインパクトは広く、そして深い。<b ... …

Author: 小林 雅一
Category: その他
Areas: 世界   米国
日本  
Tags: AI   人工知能
2014/05/29

AI(人工知能)にかける米シリコンバレーとGoogleの野望 ――危機に晒される日本の産業用ロボット

米シリコンバレーで今、「機械学習」を中心にAI関連のベンチャー企業が次々と生まれている。AI(人工知能)は1950年代に研究開発が始まった古い技術だが、その後、「AIの冬」と呼ばれる長い低迷期を脱し、最近、新たな形で蘇ってきた。その最大の理由が、機械学習の急激な発達にある。それはコンピュー ... …

Author: 小林 雅一
Category: 市場分析
Areas: 米国  
Tags: AI  
2014/02/27

自律的ロボットで「モノづくり」を制覇したいGoogle -そのベースとなる「AI(人工知能)」の現状と日本企業の取り組み

昨年、世界的な話題となった自動運転車や米DARPA(国防高等研究計画局)の災害対策ロボットなど、ほとんどSFと見紛うばかりのインテリジェント・マシンが今や現実のものとなりつつある。その背景にあるのが、 …

Author: 小林 雅一
Category: その他
Areas: 米国  
Tags: iPhone   ITS
Microsoft   Qualcomm
Google   Apple
2013/04/30

Mobile World Congress 2013レポート ―― Firefox OS(HTML5)などオープン・プラットフォームの台頭とモバイル産業多極化への予感

世界最大のモバイル見本市・国際会議のMobile World Congress(MWC)が、今年もスペイン・バルセロナで開催された。会場で大きな注目を浴びていたのが、Mozillaの「Firefox …

Author: 小林 雅一
Category: 市場環境分野
Areas: 米国  
Tags: Nokia   Samsung
ZTE   Verizon
KDDI   AT&T
2013/02/27

CES2013報告 テレビ、自動車、病院からゴミ箱まで、全てがネットワーク化する時代に

家電・IT関連の見本市としては世界最大のCES(Consumer Electronics Show)が、今年も1月8日~13日まで米ラスベガスで開催された。会期中の来訪者は約15万人に上ったと見られる …

2012/09/20

AIの春 ―― UI史的観点から見たコンピューティング・パラダイムの転換

マン・マシン・インタフェース、あるいはユーザー・インタフェース(UI)と呼ばれる「人と機械の関係」が今、歴史的な転換期に突入しつつある。Appleの音声アシスタント「Siri」、Googleが開発した …

← Newer Older →