調査レポート R&A

Title: 米国の映像系サービスの展望(第1回) 〜業界の動向とComcastの戦略
Updated: 2018/12/25
Category: 市場分析 コンテンツメディア分野
Areas: 米国

米国の映像系サービスの展望(第1回) 〜業界の動向とComcastの戦略

米国の映像系サービスに変革の波が押し寄せている。インターネットやモバイルの発展・普及により、新しいサービスが登場し、利用者の視聴形態が変化し、規制環境の変化も相俟って業界の構図がダイナミックに変化している。そのような変化の中で徐々に役割が縮小し存在感が薄くなりつつある従来型の有料TVサービスの提供事業者がどのような対応策を講じているのかが注目される。
本レポートでは3回に渡って米国の映像系サービスの展望と主要事業者の動向・戦略を紹介する。第1回目となる本稿では映像系サービスに関わる業界の全体像を俯瞰した上で、業界の変革の先駆け的役割を演じたComcastの動向と戦略を取り上げる。第2回では主としてAT&TとVerizonの映像戦略を概観し、第3回ではその他の事業者や新しい映像系サービスの動向に焦点を当てる。

The U.S. pay-TV services industry is experiencing a wave of transformation. New types of services brought on by the development and proliferation of the internet and mobile technology are causing dynamic changes in the industry structure, and giving rise to changes in users’ viewing styles, and in the regulatory environment. In an era of continuing technological innovation, it is interesting and instructive to know how the providers of traditional pay-TV services, whose roles and presence are gradually diminishing, are responding to these changes.

This report consists of three parts, and introduces an overview of the US pay-TV services industry and the strategies of principal providers of the services. This first installment of the report gives a birds-eye view of the pay-TV industry, followed by outlining the strategy of Comcast, a front-runner in the industry transformation. The second installment will mainly discuss the video strategies of AT&T and Verizon, and the final third installment will focus on other providers and emerging services.

このレポートを読む