調査レポート R&A

Title: 米国における5Gの現状と課題
Updated: 2023/01/10
Category: ネットワーク
Areas: 米国

米国における5Gの現状と課題

初めてのサービス開始から3年半が経過した米国の5Gは、大方の期待に反してサービスの展開が遅れている。主要3キャリアはいずれも「全国5G」サービスを開始したと宣言しているが、それは4Gと大して変わらないもので、多くのユーザが待ち望んでいる超高速の5Gではない。
サービス開始の前後にはキャリアや機器・端末メーカーなどが5Gのもたらすバラ色の未来について大々的に宣伝し、ユーザに大いに期待を持たせたが、その「5Gの約束」がなかなか果たされていない現実に、ユーザやメディアなどからは失望の声や「騙された」との声も上がるなど、概して厳しい評価が寄せられている。
現状の5Gが一般ユーザの期待に応えられていないのは、主として速度が遅いことによるが、その大きな理由はハイバンド周波数による5Gの提供地域がなかなか広がらないことだ。その背景には技術的、経済的、その他のさまざまな要因が絡み合っているとされる。
本稿では米国における主要キャリアの5Gサービスを概観し、超高速5Gの展開がなぜなかなか進まないのかを明らかにするとともに、それを進める上での課題について考察する。

Three and a half years after the initial launch, 5G services in the US largely lag behind expectations. Although major three carriers have declared their “nationwide 5G” deployments, their services barely differ from 4G services, and are nowhere near the ultra-fast 5G services many users are expecting. The carriers and manufacturers hyped a bright future for 5G, giving users high expectations before and after the service launch. However, in reality, a lot of users and media are giving negative feedback, claiming disappointment or feeling they have been lied to because of the failure to deliver upon the “5G promise.”
The present state of the 5G services, which is not meeting popular expectations, is mainly due to slower than anticipated data transfer speeds. The background to this situation is the delayed and haphazard expansion of the 5G in the high-band spectrum, with numerous related factors, including technical and economic, contributing to the current situation. This paper introduces the present state of the 5G services provided by the major US carriers, identifies factors attributable to the slow expansion of the ultra-fast 5G, and gives consideration to some challenges in advancing this technology.

このレポートを読む