UPSは受取人が配達方法をアップグレードできる

Digg にシェア
Pocket

運送屋さんのUPSから「近々荷物が届く」との通知がメールで来た。受取側で配達方法のアップグレードができると書いてある。

UPSからのメール
UPSからのメール

送り主が送ったのは「UPS SurePost」という配達方法。これはラストマイルを郵便局(USPS)に委託するので送料は安いが少々時間がかかる。

これを受取側で「UPS Ground」にアップグレードできるという。これはラストマイルも含めてUPSのドライバーが配達するので、郵便局に委託するよりも通常1日早く届く。しかも転送や配達時間枠の指定など、柔軟なアレンジが可能になる。

ただしこのアップグレードを利用するためには受取人は「UPS My Choice」(無料)か「UPS My Choice Premium」(年会費40ドル)というサービスに登録している必要がある。

アップグレードをすると手数料が1件につき3.50ドルかかるが、「UPS My Choice Premium」のメンバーは無料になる。

いわば、送り主が普通便で送った郵便物を、受取人が速達便に変更できるようなサービス。斬新な発想だ。

UPSは他にも、配達当日に配達車が今どこにいるのかが地図上でリアルタイムに確認できるサービスも発表した。

運送業にもいろいろ工夫の余地があるものだ。