市営ケーブルTVの解約は難しくて簡単だ

Digg にシェア
Pocket

コードカッティングの波に乗り、市営ケーブルTVを解約することにした。解約手続きは難しいような簡単なような。

まずは電話で解約の旨を伝えると、電話ではできないと言う。セットトップボックスを持参してケーブルTV会社の窓口に行かないと、解約の申し込みを受け付けてくれないそうだ。

さすがに地元のケーブルTV会社だけあって、窓口のあるオフィスはそんなに遠くはない。車で10分くらいで行けるところにあった。

営業時間は水曜日を除く月曜日から金曜日までが午前8時-午後5時、水曜日だけは午前8時半-午後5時、土日祝日は休みだから、勤め人が窓口に出向くのは難しいだろう。

何とか時間をやりくりして窓口に行ってきた。小さくて質素なオフィス。看板だけは大きい。質素なオフィスというのは好感が持てる。

sbcc01

オフィスの中にはスタッフが2人。途中で奥から1人出てきたので、少なくとも3人はいる。他に客はいなかったのですぐに対応してくれた。

スタッフの対応は良かった。解約と聞くと、持って行ったセットトップボックスを確認し、パソコンに何か打ち込んで、レシートをプリントアウトして手渡してくれた。

住所と氏名だけ聞かれたが、他に本人確認などはない。解約の理由などは聞かないし、引き止めようともしない。5分もかからずに解約手続きが完了した。

勤め人でなければ実に簡単だ。