「完全無料」のFreedomPopに管理料を取られた(その1)

Digg にシェア
Pocket

「完全無料」と謳っていたFreedomPopの管理料がクレジットカードにチャージされていた。

FreedomPopのホームページより

FreedomPopの最安プランは「完全無料」が売り文句なので、以前入手したポケットWi-Fiルータを、使わないにも関わらずアカウントは生かしたまま放置しておいた。

たまたまクレジットカードの明細書をチェックしたときに、FreedomPopの「管理料(Maintenance Fee)」として0.01ドルが2回チャージされているのを見つけた。

1回目は処理が完了していたが、2回目はペンディングになっていた。いつから請求されていたのだろうと、過去の明細書を見てみたが今までは特に請求されていなかったようだ。

わずかな金額とは言え、約束が違う。早速文句を言って解約して返金してもらおうと思い、FreedomPopのサイトで問い合わせ方法を探した。ところがチャットは現在利用不可になっていて、他の連絡手段が見当たらない。

サポートページに解約方法が載っていた。解約するにはアカウントにログインして、「アカウントを解約する」に進みなさいとある。

とにかく早く解約しなければ。アカウントにログインしようとしたら、「このアカウントは長期間利用がなかったので停止中。復活するにはこちら」とのメッセージが出た。

どうせ解約するのだが、ログインしないことには解約できない。このまま管理料がかかり続けるのは困る。ひとまず復活する手続きに進んだ。解約するために復活するというのも変な話だ。それにしてもアカウントを停止しておいて管理料を取るとはひどい話だ。

アカウントが復活されたとのメッセージが出た。次に「アカウントを解約する」に進む必要があるが、どこにあるのかわからない。ヘルプデスクの画面を見ようとしたら、ログインが必要と出た。

ところが、復活したときには有効だったIDとパスワードを入れてもログインができない。IDかパスワードが違っているなどのエラーメッセージが出るわけではなく、単にログイン画面が出るだけ。復活したという情報がまだ反映されていないのか。

ユーザフォーラムのページには行くことができた。「アカウントを解約(cancel account)」で検索すると、アカウントを解約したいがどうすればいいか、という質問が多数出てきた。やはり解約したいが方法がわからないという人が多数いるようだ。

ところが、その質問に対する回答が表示されていない。その質問に対する回答欄には他のユーザからの「同じく解約したい」とのコメントが多数寄せられていた。

FreedomPopのフォーラムページより

同じように解約したいとコメントすれば解約できるのかと思い、コメントしてみた。ところが、コメントが投稿できない。何かエラーメッセージが出るわけではないが、コメントを投稿しても画面には反映されず、コメント欄がクリアされて投稿前の状態に戻ってしまう。

ヘルプデスクの画面を見ようとしたときと同じような状態だ。アカウントを復活したという情報が反映されていない感じだ。少し時間を置いてからまたトライしてみることとしたい。

それにしても、「完全無料」なのに管理料を取るという話は聞いたことがない。念のためプランの詳細を調べてみると、たしかに「0.01ドルの管理料を徴収する場合がある」と書いてあったが、「アカウントをアクティブに維持するために」とも書いてある。アカウントを停止したのに管理料を徴収するのは契約違反だ。

これはますます許せん。何としても早急に解約して、管理料を取り戻さねば。