Comcastのインターネットで早くもトラブル発生(その1)

Bookmark this on Digg
Pocket

引越し先のアパートでComcastのXfinityインターネットを申し込み、まだ使い始めてもいないうちに、早くもトラブルが発生した。

引越し先のアパートの鍵をもらったが、まだネットもつながっていないし、ベッドもないので、今までのアパートに住みながら、引越し先のアパートの環境を整えているところ。

Comcastからセルフ・インストレーション・キット(SIK)を発送したとの連絡が来た。配送業者はUPS。トラッキングコードがあったので追跡してみたら、申し込んでから3日後に届く予定になっていた。なかなか迅速な対応だ。

ところが、宛先を見たら、住所は合っていたが、名前が個人名ではなく「オフィス」になっていた。申し込みの際にそんな単語を入力した覚えはない。Comcastが勝手に名前を付けてしまったとしか思えない。

名前が違っていても住所が合っていればおそらく荷物は届くだろうと、配達を見守ることにした。

配達予定日の当日、再度荷物を追跡してみたら、昼の12時過ぎに配達済になっていた。「エイミー」という人が受け取ったことになっていた。身の回りにそんな名前の人はいない。管理オフィスの人かもしれない。

その日の夕方、引越し先のアパートに行ってみた。届いた荷物は普通はドアの前に置いてあるはずだが、ない。建物の集合郵便受けも確かめたが、やはり荷物はない。念のため、管理オフィスに行って荷物が届いていないかを聞いてみたが、届いていないという。「エイミー」という名前の人も存在しないという。

これはミステリーだ。「オフィス」って何だ。「エイミー」って誰だ。荷物はどこへ行った。「エイミー」さんが良心的な人で、荷物を届けてくれないだろうか。そもそも良心的な人なら他人の荷物を黙って受け取りはしないだろう。

さらに、心配の種がもう一つ。Comcastのアカウントを作成して、ログインしてみたら、TVとインターネットが「設置待ち」と表示されていた。インターネットしか申し込んでいないのに。TVも契約したことになっていたらどうしよう。

一方、ケーブルモデムはComcast認定モデルの市販品をAmazonで購入した。こちらは近くのセブンイレブンのAmazonロッカーで受け取ることにした。予定日にロッカーに配達済との連絡が来たので、受け取りに行った。問題なく受け取ることができた。この方が確実だ。

それにしてもComcastのサービスは、先が思いやられる。