Sprintが料金を「値上げ」

Digg にシェア
Pocket

Sprintの料金値上げについてはかねがね噂されていたが、とうとう現実のものとなった。

Sprintは「プロモーションの終了」と言うだろうが、顧客から見れば「値上げ」以外の何物でもない。実施日は顧客によって異なるが、1月中にかなりの顧客が影響を受けると見られる。

Sprintは2015年11月に「他社料金50%オフ」というプロモーションを展開した。Verizon、AT&T、T-Mobileの顧客に対し、Sprintに乗り換えれば同等のプランで料金はそれまで支払っていた額の半額にするというもの。2016年1月7日までに申し込めば、プロモーション料金が2018年1月8日まで適用されることになっていた。

すなわち、このときに申し込んだ顧客は、1月8日分以降の請求書を見て驚くことになる。

さらにSprintは、2016年11月に無制限プラン「Unlimited Freedom」において、3回線目から5回線目までの月額料金を無料にするという、大胆なプロモーションを実施した。このプロモーション料金の適用は2018年1月31日までとなっていた。

すなわち、このときに申し込んだ顧客は、来月分の請求書を見て驚くことになる。

ただし、Sprintのプランには2年契約の縛りはないので、Sprintの顧客がこの機に他社に乗り換えることは可能だ。かなりの顧客が他社に乗り換えるのではないかと見られる。

それを補うため、Sprintは、主としてVerizonの顧客をターゲットにした「乗り換えでプラン料金が1年間無料」のプロモーションを再開した。今VerizonからSprintに乗り換えると無制限プランが1年間無料になる。

ただし、1年後にはまた「値上げ」されるので気を付けた方がいい。