Google Mapsのレストラン情報にぎょっとする

Digg にシェア
Pocket

Google Mapsのレストラン情報が充実した。ぎょっとするような情報が出て来ることもある。

9To5Macによると、iOS版のGoogle Mapsが3月20日にバージョンアップされ、レストラン情報が充実した。

これにより、全世界100万店以上のレストランの時間帯毎の平均待ち時間やピーク時間帯などが表示されるようになった。特定の都市については、そのレストランに辿り着くまでの詳細な交通情報が表示されるようになった。

Google Mapのレストラン情報より(以下同じ)

さらに、ぎょっとしたのは、とあるレストランの情報を見ていたら、「あなたは3年前にここに来ました」という情報が表示されていたことだ。

「前回来たときの情報をタイムラインで見る」というリンクがあったので見てみると、何月何日の何時何分に家を出て、どういうルートを通って、何時何分にお店に到着し、何時何分までお店にいて、帰路はどういうルートをとって何時何分に家に帰り着いた、という情報が表示された。

往復のルートは地図で表示することもできる。さらに、そのときどきにその場その場で撮った写真まで保存されていた。

その店に行った覚えはあるが、いつ頃行ったのかは覚えていなかった。まして正確な日時や往復のルートなどは、もともと覚えようという気もなかったし、記憶のどこにもとどまっていなかった情報だ。

そんな情報までどこかに記録されていたのかと、改めて驚かされる。そんなに細かい動きまで記録してくれなくてもいいような気もするが、ひょっとしたらこれは何かのときに役に立つかもしれない。

たとえば、アリバイの証明などに。