AT&Tから来た謎の請求書

Bookmark this on Digg
Pocket

AT&Tから突然、謎の請求書が紙で送られて来た。

AT&Tからの請求書

請求額がゼロで支払は不要というもの。ではなぜ請求書を発行したのか、今まで来ていなかったのに、今回なぜ突然来たのかなど、謎は多い。ご丁寧にも、請求書をペーパーレスにしなさいと勧めている。

サービスの勧誘やプロモーションのチラシが入っているならまだわかるが、そんなものは一切なく、ただ請求書が1枚入っているだけなので、宣伝目的でもない。

宛名は間違っていない。アカウント番号が書いてあったので、昔の請求書を調べてみたら、以前使っていたU-verse TVとインターネットのものだった。解約してからもう3年近くになる。

実は、請求額がゼロの請求書が来るのはそれほど珍しいことではない。これまで利用したことのあるVerizonやSprintからも来たことがある。Verizonのときは、サービスを解約して残債をすべて支払った後2か月以上もの間、請求額がゼロで請求書が来ていた。これは残債を完済したことの証明にもなるのでそれほど違和感はないが、「支払は不要」などの文言はなく、「ゼロドルを支払え」となっていたところがやや心地悪かった。

Sprintのときは、サービスを解約した時点で料金が払い過ぎの状態になっていたので、請求額がマイナスの請求書がしばらく来ていた。そのうち返金してくれるのかと思って様子を見ていたが、なかなか返金してくれないのでカスタマーサービスに何度も電話をして、9か月後にやっと返金されて、請求額がゼロの請求書が届いた。

今回のAT&Tからの請求書は、サービスを解約した時点で料金の過不足もなく、3年くらいの間何もなかったのに突然請求書が来たというところが謎で、今までとは少し状況が違っている。

今まで何も来ていなかったのに今回突然請求書が来たということは、AT&Tの請求書発行システムに何か変更か異常があったに違いない。請求額がゼロなら請求書を発行しない、という処理が何らかの理由で実行されなかったのかもしれない。

請求額がゼロで「支払は不要」とあるので今のところ実害はないが、こんなシステムで大丈夫なのかと他人事ながら心配になる。他にも同様の請求書を受け取った人が多数いるかもしれない。

全体ではかなりの無駄な費用が発生しているのではないか。