久しぶりの「キャリアデー」CM

Digg にシェア
Pocket

久しぶりに「キャリアデー」もののCMを見た。

証券・投資銀行のCharles Schwabの最新テレビCM「クラスルーム」。小学校の教室にいろいろな職業の人がやってきて、どんな仕事なのかを説明してくれて、質問にも答えてくれる。

ブローカーのカールが自己紹介をすると、早くも質問が。

生徒1「4.95ドルのオンライン取引は提供していますか」

カール「いい質問ですね。私たちのようなフルサービスのブローカーでは、それは難しいです」

生徒2「Schwabはやってるよ」

カール「次の質問に行きましょう」

生徒3「満足保証は提供していますか」

カール「それはどういうものですか?」

生徒4「あの満足保証よ。Schwabが提供しているような」

カール「まったく、ここの子供たちはどういう教育を受けてるんだか」

このCMを見て「久しぶり」と感じたのは、数年前に放映されたこれとほぼ同じコンセプトの、AT&T U-verseのCM「キャリアデー」を思い出したからだ。

ケーブルTV会社のロイが自己紹介をすると、早くも質問の手が挙がる。

生徒「ケーブルはケータイとバンドルして一括請求にできないって、ママが言ってた」

ロイ「それはどこもやってないよ」

生徒「AT&Tはやってるって、ママが言ってた」

教室内がざわめく。

追い詰められたロイは「うちの会社はTVを提供するので・・・」

先生「ロイさん」(もういいわ、との素振り)

生徒たちの間で「ジョーンズ先生はAT&T U-verseを使ってるんだね」との話が広まる。

どちらのCMも、子供の知識と口達者なところには舌を巻くが、あまり感心しない。

子供たちには、まず人の話をよく聞くように教育しないと。