iPhone XRの販売は静かなスタート

Digg にシェア
Pocket

iPhone XRの販売が10月26日に開始された。

これまでの新iPhoneの発売日に比べて、Appleストアの前に行列ができることもなく、静かなスタートになったと報じられている。

米国だけでなく、世界中のどこでも行列ができなかった、とCNETが報じている。

初日販売分が数時間で売り切れにならなかったのは初めてのこと、とForbesが報じている。

これまでのような品薄状態にもなっていないようで、Appleの販売サイトでは、iPhone XRは色や容量に関わらず、3-5営業日に発送と表示されている。

Appleの販売サイトより

このように全体的に比較的静かな中、Verizonが「2台目のiPhone XRが無料」というキャンペーンをしている。

Verizonの販売サイトより

iPhoneXR、XS Max、XS、Xのいずれかを購入すると、2台目のiPhone XRの64GBモデルが無料になるというもの。他の容量のものも750ドル引きになる。

前回(iPhone XS/XS Maxが発売されたとき)は、2台目が700ドル引きになるというものだったので、それより少し金額がアップしている。

ちなみに他のキャリアも多かれ少なかれキャンペーンをしている。

T-Mobileは特定機種の下取りで390ドル返金するというもの。前回は300ドルだったので、これも少し金額がアップしている。

ただし、下取りに出す端末によっては、買取業者に売った方が高く売れる場合もあるので、必ずしもお得とは限らない。

AT&Tは2台買った上で衛星TVサービスのDirecTVにも加入すると700ドル返金するというもの。前回はDirecTVの加入を強制していなかったので、ユーザのメリットはダウンしている。

Sprintは特定機種の下取りでiPhone XRの64GBモデルの18か月リース料(月 31.25ドル)が無料になるというもの。前回はiPhone XSの64GBモデルの18か月リース料(月41.67ドル)が無料になるというものだったので、金額的にはダウンしている。

そういうわけで、どれもあまりパッとしないが、今のところVerizonのキャンペーンが比較的魅力的だ。