「idiot」の検索でトランプ大統領が出てくる

Digg にシェア
Pocket

Googleで「idiot(ばか)」と検索するとトランプ大統領の写真がいっぱい出てくることが米下院公聴会で話題になった。

Googleのスンダー・ピチャイCEOは、12月11日、米下院司法委員会のプライバシーや個人情報の取り扱いに関する公聴会で証言に臨んだ。

その中で、Googleで「idiot」と入れてイメージを検索すると、トランプ大統領の写真が続々と出てくるのはなぜかという質問が出た。

この質問をしたのは、カリフォルニア州選出の民主党のゾーイ・ロフグレン下院議員。Googleの検索結果に政治的偏向があるのではないかという疑念があるので、この際はっきりさせようという狙い。

「ホンマかいな」と「idiot」でイメージ検索してみると、たしかに。

ピチャイCEOは、Googleの検索システムの仕組みについて長々と一般的な説明をした。もちろん、人為的に操作はしていないとの内容だ。

つまり、カーテンの後ろに小さい人がいてユーザに何を見せようかと考えているわけではないということですね、と同議員が茶化し気味にコメント。

テキサス州選出の共和党のラマール・スミス下院議員からは、これまでに従業員に検索結果を操作するよう指示したことはないのかとの質問が出て、膨大なステップの処理を実行しているので、1人の人間や1グループの人間が操作することは不可能、とピチャイ氏が回答。

スミス議員はその回答に納得せず、そんな処理は人手でできると思うとコメント。所詮人間が作ったシステムなのだから、いくらでも人間が操作することはできるだろうという論理だ。

結局、検索結果を人為的に操作しているのではないかとの疑念を晴らすことはできなかったようだ。