iBooks Authorの悲劇

Digg にシェア
Pocket

悲劇は突然やってきた。iBooks Authorで作った電子書籍ファイルが突然開けなくなった。3か月かかって作った未完の大作だった。

iBooks Authorはインタラクティブな電子教科書を簡単に作れるMacの無料ソフトだ。

Appleは今年1月に満を持して電子書籍アプリ「iBooks 2」を発表した。これはiPadでインタラクティブな電子書籍を読むことのできるツールだが、そのコンテンツとなるインタラクティブな電子書籍を作成することのできるツールがiBooks Authorだ。

早速使ってみようと、当地で放映されているテレビCMを多数収録した電子教科書を作るプロジェクトをスタートした。

特にマニュアルは見ずにいきなり使い始めた。最初は勝手がわからず、思うように図形を貼付けたり文章を入れたりすることができない。せっかく貼付けた図形が消えてしまったことも。ワードやパワポとは根本的に違う。そもそも仕組みがよくわからない。試行錯誤の連続。そのうち少しずつ慣れてきた。

CMの動画ファイルをiBooks用に加工するのが結構大変な作業だ。まずケーブルテレビのセットトップボックスの録画機能で撮りためたCMをDVDに焼く。DVDの動画をパソコンに取り込む。個々のCMのファイルを編集して余計な部分をカットする。mpgファイルで保存する。mpgをm4vファイルに変換する。これがiBooks用の動画ファイルだ。

一旦この形式に加工してしまえば、iBooks Authorの文書に貼付けるのは簡単だ。ドラッグアンドドロップで行ける。それぞれのCMに解説やコメントをつけるのがまた少し手間がかかるが、これは少しずつ地道にやるしかない。

やっている間に新しいCMが出たりするので、これはまたiBooks用に加工して追加する。動画ファイルの数は50個以上に上り、文書全体のファイルサイズは500MBを超えた。3か月位かかって作業全体の8分目ほど完了したところで少し休憩をとる。2週間ほど別の作業をした後、作成途中の文書をiBooks Authorで開こうとした。

ところが、これが開けない。何度やってもだめだ。「The required index.xml file is missing.」というエラーメッセージが出る。index.xmlというファイルが見つからないらしい。MacのHD内を検索してもどこにもない。

同様のトラブルが出ていないかネットでチェックしてみる。するとあった。Apple Support Communitiesで、この症状で困っているとの投稿があり、それについて詳しい人が解決策をアドバイスしている。「お陰さまで直った。ありがとう」との返信投稿があったので、これだと思い、その解決策を試してみた。

それによると、まず修復したいファイルをコピーする。iBooks Authorで作った文書の拡張子は「.iba」になっている。この拡張子を「.zip」に変更する。その上でファイルをダブルクリックすると、解凍されてフォルダができる。そのフォルダに「.iba」という拡張子をつける。するとiBooks Authorで開ける状態になっているはず、という。

その通りにやってみたら、zipファイルを解凍するところでエラーになってしまった。「Error 1 – Operation not permitted.」というエラーメッセージが出る。この操作は認められていないようだ。何かいけないことをしようとしているのか。何度やってもだめだ。

またApple Support Communitiesに戻り、投稿の先を読み進むと、「前はこの方法でうまく行ったのだが、今度は別のエラーメッセージが出てできなくなった」との投稿があった。まったく同じ症状だ。これに対する解決策はまだアドバイスがない。

このような症状はMacではよくあるようで、たとえばワードに相当するPagesというソフトでもよく起こっているようだ。ただ、ほとんどはzipにして解凍する方法で解決できている。

それで解決できないものは問題が深刻だ。Appleでは解決に向けて鋭意努力中である、と望みたい。もし解決できなかったら、3か月の努力が水の泡だ。

Leave a Reply