SprintがTargetから消えた

Bookmark this on Digg
Pocket

小売大手Targetの売り場のモバイルコーナーからSprintが消えた。

これまではSprint、Verizon、AT&Tの3社のスマホが並んでいた売り場が、今はVerizonとAT&Tだけになっている。

以前のモバイルコーナー(Targetの看板より)
現在のモバイルコーナー

これはTargetの都合によるものか、Sprintの都合によるものか、気になる。

FierceWirelessによると、Sprintが決めたことらしい。「Targetは素晴らしい販売パートナーだったが、全国1,500店のTarget店舗での取り扱いをやめ、今後はSprintの直営店、メーカーの直営店、Walmart、Walgreens、Best Buyといったその他の小売店を通して提供する」とSprintの広報担当が述べている。

「素晴らしい販売パートナー」だったなら、なぜ販売をやめたのか。そこのところは説明していないが、同誌が紹介するアナリストの見方によれば、Targetではあまり売れず、売れてもあまり儲からなかったようだ。「素晴らしい」はそういうときにも使うのか。

Targetの売り場にいた店員が言うには、「Sprintはもう買収されちゃったからね」とのことだ。

まだ当局が承認してませんけど、と反論するのは差し控えた。