iPhone 5は1時間で売り切れ

Digg にシェア
Pocket

iPhone 5の予約受付が9月14日の午前零時から始まったが、初日発送分が1時間で売り切れてしまった。Appleやキャリアのサイトで今予約すると発送までに2-3週間かかるとの表示が出る。

TechCrunchによると、初日発送分が売り切れるまでに、iPhone 4Sの時は22日、iPhone 4の時は20日かかった。それに比べるとiPhone 5は20倍早い。

さらに申込みが殺到してAppleやキャリア数社のサイトが一時ダウンしたようだ。Appleの新製品販売開始はいつも申込みが殺到するが、これまではサーバーがダウンするようなことはなかったそうだ。

Phone 4Sが発表された時は、5が出るとの噂で盛り上がっていたところ、ふたを開けてみたら4とあまり変わらない4Sだったので、多くの人ががっかりしたはずた。それでもiPhone史上最大の飛躍的な売れ行きを見せた。

この調子で行くと、ほぼ前評判どおりのiPhone 5の売れ行きはとんでもないことになりそうだ。

それにしても、Appleの製品はなぜこんなに人気があるのだろうか。使いやすいとかアプリが多いとか、いろいろな要素があるだろうが、根本的な理由は「Appleが作っているから」ということではないだろうか。他の会社がまったく同じものを作ったとしても、こんなに売れるとは思えない。

「Appleが大好き」というファンが多勢いて、その数は新製品を発表するたびにどんどん増えているように見える。いいものを作るということだけでなく、ファンを大事にして裏切らないということが大切だ。

Leave a Reply