Googleのスマホ消滅の怪

Digg にシェア
Pocket

T-Mobileのオンライン販売サイトからGoogleのスマホが消えた。

GoogleのAndroidスマホ「Pixel」シリーズが、T-Mobileのオンライン販売サイトから突然すべて消え去った、と9To5Googleが伝えた。

今年の3月にはPixel 4 XLだけがT-Mobileのオンライン販売サイトから突然、理由もなく消えて不思議がられたが、そのときはPixel 4やPixel 3a/3a XLはまだ残っていた。

今回は、5月5日の時点で、4や3a/3a XLも含めPixelシリーズのスマホがすべてなくなってしまった。Pixelスマホの本体だけでなく、アクセサリもすべて消えている。

単なる品切れ状態ならば、スマホの情報は残した上で「品切れ」と表示してもよさそうなものだし、アクセサリだけは残っていてもよさそうなものだが、それもないのが不思議だ。

9To5Googleが真相を突き止めようとGoogleとT-Mobileに問い合わせたところ、Googleが言うには「T-Mobileとの関係に特に変更はない」、T-Mobileが言うには「まだPixelは販売している」とのことだ。

特に何か変更があったことをほのめかすような説明がまったくないのに、実際にはモノがないというのは余計に不自然で謎めいている。

なお、Sprintのオンライン販売サイトではPixelシリーズの全機種が揃っている。Pixel 4/4 XLや3a/3a XLはもちろん、3/3 XLまで揃っている。4と4 XLは値引きされ、3a/3a XLとほとんど値段が変わらないどころか、4の方が3aより安い。

Sprintのオンライン販売サイトより

T-MobileはPixelスマホをリアル店舗ではまだ販売しているようだが、オンラインでの販売はやめてSprintに任せることにした模様だ。逆にSprintはPixelスマホをリアル店舗では販売せず、オンライン販売だけにしている模様だ。

T-MobileとSprintの合併手続きは完了したので、両社の店舗やサイトもいずれ統合されるものと見られるが、その方向での動きならば説明もつくが、それに逆らうような対照的な動きだから、謎は深まるばかりだ。

ちなみに、PhoneArenaによれば、T-MobileとSprintのブランドを統合するのは8月2日だという情報があるようだ。