iPhone 5の行列で1500ドル

Digg にシェア
Pocket

iPhone 5発売前日。長い行列ができているのだろうと思って見に行ってきた。サンフランシスコ・ユニオンスクエアのAppleストア前。

夕方5時頃だったが行列は長くはなかった。テントが2-3張あったが、並んでいる人は10人位。並ばずに場所だけ確保している人もいるはずだが、それを含めても20人には満たない。

一番前に並んでいた人。「いつから並んでいるのか聞いてくれ」という看板まで用意している。月曜日から並んでいるという。CBSニュースによると、この人は並ぶために雇われた人。月曜から金曜まで並んで1500ドルもらえるそうだ。これはいいバイトだ。

この人はTaskRabbitの宣伝もしている。この会社は便利屋ビジネスのスタートアップだ。有料だが頼めばいろいろなことをやってくれる。iPhone 5の行列代行は4時間で55ドル。

TechCrunchによると、ニューヨークではOccupy Wall Streetの活動家たちがAppleストア前をOccupyしてしまったという。金曜日の朝に行列の席を金持ちのビジネスマンに売りつけるそうだ。これは商売ではなく、利益は寄付金に回される。

iPhoneのエコシステムの一環。営利、非営利を含め、iPhoneはさまざまなビジネスを生み出している。

Leave a Reply