T-Mobileがスタンドアローン5Gを開始

Digg にシェア
Pocket

T-Mobileがスタンドアローン方式による全国5Gを開始した。

全国5Gのカバレッジマップ(T-Mobileのメディア向け資料より)

T-Mobileは8月4日、世界初となるスタンドアローン5Gの全国サービスを開始したと発表した。

これまでの5Gは既存の4G LTEと5Gを組み合わせた非スタンドアローン方式だったが、T-Mobileがこのたび開始したのは4G LTEに依存しない単独型の5Gネットワーク。

これによりT-Mobileのローバンド(600MHz帯)による全国5Gサービスの提供地域は約2,000都市増えて7,500都市となり、人口は2億5,000万人をカバーしたと発表した。

スタンドアローン5Gの全国サービスはまだ世界のどのキャリアも提供していない初めての偉業だと述べ、これを祝ってノースダコタ州リスボン市でドローンの連隊飛行を披露し、「5G is here」などの文字や絵模様を夜空に描いた。

また、T-Mobileの5GネットワークはAT&Tの5Gよりも2倍以上大きく、Verizonの5Gよりも1万倍以上大きいと、優位性を強調した。

速度に関してはあまり触れないようにしているようだ。