Uberが定額サービスを開始したが

Digg にシェア
Pocket

Uberが定額サービスを正式に開始したが、何かと制限が多い。

Uberが8月18日に開始した定額サービス「Uber Pass」は、月額24.99ドルで配車サービス、料理の出前、グロサリーの配達のすべてにわたって「無制限の恩恵」が受けられる、と同社のサポートページでは謳っている。

Uberの発表文書より

ただし「無制限」なのは一定の割引が適用されたり配達料が無料になるという「恩恵」であって、「乗り放題」や「食べ放題」にはならないところに注意する必要がある。

たとえば、UberXなどの配車サービスは10%引き、Uber Eatsは15ドル以上の注文で配達料が無料、グロサリーの配達は30ドル以上の注文で配達料が無料などの恩恵が何回でも受けられる。

2019年半ばに一定の都市で一定のサービスを対象に「月極めパス」を試行導入していたが、これを全サービスに拡大し、さらにカリフォルニア州を除く全都市に拡張したもの。「新常態」に対応してサービスを拡充したとしている。

コロナ禍で配車サービスの利用は減っているが、料理の出前やグロサリーの配達の需要が増えているので、一定のユーザにはお得なサービスになるかもしれない。ただし利用状況にもよるので、お得になるのかどうか、慎重に分析・検討する必要がある。

対象都市でカリフォルニア州が除かれたのは、現在ドライバーの処遇に関して係争中であり、サービスの存続自体が危ぶまれているからだ。

もしサービス停止ということにでもなれば、カリフォルニア州の住民の生活が大きく制限される。