iPhone 12 Pro Maxの割引競争

Digg にシェア
Pocket

iPhone 12 Pro Maxを購入するとしたら、どのキャリアがお得か調べてみた。

iPhone 12シリーズの最上位機種であるiPhone 12 Pro Maxが11月13日に販売開始となり、早速各社が割引競争を繰り広げている。

主要3社のiPhone 12 Pro Maxのオファー内容をまとめてみた。

Verizonは1台購入するともう1台が最大1,100ドル引き。すなわち128GBモデルが無料になる。ただし2台目用に新規に1回線を追加する必要がある。2台もいらないとか1回線を追加したくないという顧客向けには、1台を購入し、既存端末を下取りに出すことで最大440ドル割引になるオファーもある。

Verizonの販売サイトより

AT&Tは1台購入で下取りありで最大700ドル引き。割引額は下取りに出す端末の査定価格が95ドル以上なら700ドル、95ドル未満で35ドル以上なら350ドルとなる。

AT&Tの販売サイトより

T-Mobileは1台購入で下取りありで最大550ドル引き。割引額は下取りに出す端末によって変わり、たとえば、iPhone 11 ProやiPhone XSなどを下取りに出すと550ドル、iPhone 11やiPhone 8などは415ドル、第1世代のiPhoneでも50ドルの割引となる。

T-Mobileの販売サイトより

なお、いずれのキャリアも割引が適用されるためには30か月の分割払いで購入することが条件になっており、割引額も30回に分けて請求書上で減額される。

ちなみに、iPhone 12 Pro Maxの128GBモデルを30か月の分割払いで購入する場合の月々の支払額は、Verizonが36.66ドル、AT&TとT-Mobileが36.67ドルと、Verizonの方が1セント安い。

結論としては、プラン料金を別とすれば、今のところ、2台買う場合で既存端末を下取りに出さないならVerizon、1台買う場合で下取りに出す端末の査定価格が95ドル以上ならAT&Tがお得だ。

それ以外の場合はどこがお得は緻密な計算が必要だ。