T-MobileがiPhoneのプロモーション

Digg にシェア
Pocket

AppleのiPhone 5発表直後にT-MobileがiPhoneのプロモーションを開始した。T-MobileはアメリカではiPhoneを販売していないのに。

サンフランシスコのフリートウイークでT-Mobileが配っていたチラシ

実はこれはiPhone持ち込み(BYOi)キャンペーンだ。SIMロックを解除したAT&TのiPhoneをT-Mobileに持ち込んで、T-MobileのSIMカードを挿して使うとひと月50ドル節約になるという触れ込み。iPhoneの名称と写真が使われ、T-Mobileの各ショップ内にはデモ用にiPhoneの実機が1台置かれた。

それが10月に入ってから突然「iPhone」が消えてしまった。T-Mobileのホームページでは「Bring Your OWN PHONE(自分のケータイを持ち込もう)」になっている。

T-Mobileのホームページより

ショップの前の看板は「Bring in your UNLOCKED AT&T SMARTPHONE(SIMロック解除したAT&Tのスマートフォンを持ち込もう)」になっている。

T-Mobileショップ前の看板
ショップ前の看板を近接撮影

看板の中の写真もGalaxy S Ⅱと思しきAndroidスマホに変わっている。せっかくのBYOiが単なるBYODになってしまった。

この変更の理由について、T-Mobileの非公式ブログ、TmoNewsでは、「なぜかはわからないが、T-Mobileの自主的判断か、Appleの法務からいちゃもんがついたか、そのどちらでもないかのどれかだろう」というような分析をして、「あなたならどう思う?」と読者に問いかける。

その後、TmoNewsはT-Mobileから確認の回答が来たと紹介。それによれば、変更の理由は「natural progression(自然の成り行き)」という実に曖昧な回答。しかも始めから「iPhone」を使うのは9月だけの予定だったとの説明も紹介。ただしショップ内のデモ用のiPhoneはそのまま置かれるとのこと。これは怪しい。何か隠していそうな回答だ。

そしてTmoNewsはまた読者に問いかける。「あなたならどう思う? AppleがT-Mobileにプレッシャーをかけたと思う? それとも本当に自然の成り行きだと思う?」

T-MobileはAppleの承諾なしにiPhoneの名称や写真を使っているので、Appleから文句が出てもおかしくはないが、これもApple対Samsungの特許訴訟でGalaxy Nexusの販売差止が破棄されたときと同様、Appleに損害があるかと言えば、ほとんどないと言ってもいい。むしろT-MobileがAppleに代わってiPhoneのプロモーションをやってくれていると考えられなくもない。Appleとしては放っておいても構わない話ではないか。

それでは、T-MobileのiPhoneプロモーションで損害を受ける可能性があるのは誰か。それはAT&Tであることは一目瞭然。T-Mobileは明確にAT&Tのスマホを持っているユーザーをターゲットにして、BYODキャンペーンを仕掛けているのだから。

だから、T-MobileにいちゃもんをつけるとしたらAT&Tが一番怪しい。ところがT-Mobileのショップ前の新しい看板が「AT&Tのスマートフォンを持ち込もう」と、AT&TにとってはiPhoneのときと何ら状況は変わらない内容になっていることから、AT&Tがいちゃもんをつけたわけではなさそうだ。とすると一体誰が・・・

いろいろ考えたら、やはり「自然の成り行き」というのが真相に思えてきた。

「あなたならどう思う?」

Leave a Reply