SprintのLTEがサンフランシスコにも

Digg にシェア
Pocket

Sprintは今年7月にLTEを開始したが提供エリアがなかなか広がらず、どうしたのだろうと心配していたが、いよいよサンフランシスコにも拡大されるとの発表があった。

Sprintの初めてのLTE対応スマホはLG Viper 4G LTEだが、これを発売したのは今年の4月で、まだLTEネットワークが稼働していなかったときだ。ネットワークがLTEでないのにLTE対応のスマホを出した、と揶揄されたほどだ。

LG Viper 4G LTE(LGのホームページより)

その後、HTC EVO 4G LTEやGalaxy S ⅢなどLTE対応スマホを数種類出している。すぐにLTEネットワークも広がるだろうと期待してLTE対応スマホを買ったユーザーもいるはず。それがなかなか広がらないので無念な思いをしていたユーザーもいるはず。

そんなユーザーにとって、いよいよ地元でLTEネットワークが使えるようになるというのは、大変喜ばしいニュースだ。

Sprintのニュースリリースによると、サンフランシスコを含む20都市以上(22都市)に拡大されるとある。ところが、開始時期が「in the coming months」となっていて、具体的な開始日が示されていない。「近いうちに」と同じようなものだ。具体的な開始日がまだ決まっていないのに発表するとは。今までとたいして状況は変わらないではないか。と憤慨しているユーザーもいるはず。

開始日はまだ決まっていないのに、この時期に発表したというのは、ソフトバンクによる買収の件に何か関係でもあるのかと勘ぐりたくなる。さては株価上昇か、表向きのイメージ向上を狙ったか。

ちなみにSprintのNetwork Vision/LTE Deployment Running Listによれば、サンフランシスコは12月に開始予定になっているようだ。そんなに先ではなさそうなので少し安心した。

いずれにせよ早くSprintのLTEを体験したいものだ。おっと、筆者のスマホはLTE対応ではなかった。しかも機種変更ができるようになるまであと8か月もある。まだまだ長い道のりだ。

Leave a Reply