TwitterがNFTプロフィール画像を導入

Digg にシェア
Pocket

TwitterはNFTプロフィール画像を設定できる機能の提供を開始した。

Twitterは1月20日、NFTアートをプロフィール画像に設定できる新機能の提供を開始したと発表した。

ただし、現時点で利用できるのはiOS端末のみで、しかも有料のサブスクサービス「Twitter Blue」に加入しているユーザのみ。

なお、現時点で「Twitter Blue」が利用できるのは米国、カナダ、オーストラリア、ニュージーランドのみなので、NFT画像が設定できるのもこの4か国のみということになる。


NFT画像を設定すると、ユーザのプロフィール画像は角が丸まった六角形で表示されるので、NFT画像を設定したなとすぐにわかる。画像をタップするとNFT情報が表示される。

現時点でNFT画像を設定するためには、上記の条件をすべてクリアして、なおかつNFTアートを所有していなければならないので、プロフィール画像が六角形になっているユーザはほとんどいないだろう。

今なら設定すれば自慢できるかもしれない。