電動スクーターと市営交通が提携

Digg にシェア
Pocket

電動スクーターと市営交通が提携し、ファースト・ラストマイルのギャップを埋める。

Birdの発表文書より

電動スクーターシェアリングのBirdとテネシー州ナッシュビルの市営交通のWeGoが提携した。

自宅からバス停までと、バス停から目的地までの、いわゆる「ファーストマイル」と「ラストマイル」の隙間を電動スクーターで埋めようというもの。

現在はこのファースト・ラストマイルの区間は車を利用する人が多いが、車がないなどの理由で利用を差し控えるケースもある。

これはユーザにとっても不便だが、市営交通にとっても得べかりし利益の損失となっている。

車よりも安くて便利で環境に優しい電動スクーターを利用可能にすることで、需要の取り込みや喚起を図る。

提携によりBirdはWeGoから需要や利用パターンなどのデータを得て、電動スクーターを効率的に配置することができる。

Birdは2018年春からナッシュビルで電動スクーターシェアリングを展開している。2021年にはBirdの利用者が同市の地元産業に75万ドルの経済効果をもたらしたと見積もられている。

さらに理由は不明だが、Birdによれば、同市では女性の利用者が増えているということだ。