イーロン・マスク氏が「資金を確保」

Digg にシェア
Pocket

イーロン・マスク氏がTwitter買収に係る資金を確保した。

Teslaのイーロン・マスクCEOは4月20日、Twitter社の完全買収に係る資金(465億ドル)を確保済みであることを説明する資料を米証券取引委員会(SEC)に提出した。

その内訳は以下のとおり。

  • Morgan Stanley Senior Fundingやその他の金融機関(総称して「Commitment Parties」)からのシニア・セキュアード・ローンにより130億ドル
  • Morgan Stanley Senior Fundingやその他の金融機関(総称して「Margin Loan Commitment Parties」)からのマージンローンにより125億ドル
  • マスク氏自身によるエクイティファイナンスにより210億ドル

これを受けて、Twitterの取締役会が4月24日、イーロン・マスク氏の提案を「真面目に」検討中であるとNew York Timesが報じた。

ところで、マスク氏の「資金を確保」で思い出したが、同氏は2018年にTesla社を非公開会社にすることを検討中だったときに、そのための「資金を確保済み(Funding secured.)」とツイートし、ユーザがこの表現を真似していろいろな場面に使って話題になった。

たとえば、「今夜カミさんをディナーに連れて行くことを検討中。資金は確保済み」、「今夜ドミノピザの出前を取ることを検討中。資金は確保済み」など。

今回のTwitter買収資金の確保はマスク氏にとってまさにそのフレーズを使うべきところだろうが、まだそのようなツイートは見かけていない。