T-MobileのiPhone販売に注目

Digg にシェア
Pocket

T-Mobile USAが今年からいよいよiPhoneを販売する。具体的な開始日はまだ発表されていないが、いつから販売するのかよりも、どのように販売するのかに他のキャリアの注目が集まっている

というのも、T-Mobileが昨年12月、iPhoneを販売することを発表した際に、「革新的」な方法で提供すると述べているからだ。今までのような補助金(販売奨励金)で販売する方法はやめると言っている。たとえば月々15-20ドルで20か月払いというような分割払いを導入する可能性も示唆している。

端末の分割払い方式は日本では珍しくないが、アメリカではあまり見られない。だいたいが補助金付きで安く買って2年契約の縛りを受け入れるか、または定価で一括払いするかのどちらかだ。

もしT-MobileがiPhoneの発売と同時に分割払い方式を導入するとしたら、アメリカでは画期的なことだ。これがアメリカでうまくいくのかどうか、もしうまく行くものならウチもやりたい、というわけで、他のキャリアも注目して見守っている。

9to5Macによると、AT&Tのランドール・スティーブンソンCEOは、T-Mobileのアイデアをたいそう気に入っているそうだ。

補助金方式も結局は2年かけて割引分を回収することになるので、分割払い方式とあまり変わらないような気もするが、T-Mobileは他のどのキャリアよりも安くするとも言っているので、どれだけ安くなるのか、どれだけ違いがあるのかも含めて要注目だ。

Leave a Reply