Wi-Fi対応の窓ガラス

Digg にシェア
Pocket

Wi-Fi対応の窓ガラスが登場した。スマホでガラスの曇り具合をコントロールできる。これを開発したのはSONTEというサンフランシスコ近郊に所在するスタートアップ。

普通の窓ガラスに特殊なフィルムを貼ってWi-Fi装置を取り付けるだけなので、面倒な工事などは不要で素人でも簡単に取り付けができる。

スマホやタブレットに無料のアプリをダウンロードしてコントロールする。窓ガラスが瞬時に曇りガラスになったり透明になったりするのは、近未来映画にでも出てきそうでカッコいい。販売価格は1メートル四方のフィルムがWi-Fi装置付きで280ドルになる予定。

透明な窓が一瞬で曇りガラスに(SONTEのWebサイトより)

ただ、実質的にブラインドを開閉するだけの機能ならスマホで操作するほどのものでもない。専用リモコンの方が使いやすそうだ。スマホはアプリを開かないといけない分、面倒だ。

興味深いのは、この会社が今、Kickstarterで資金集めをしていることだ。こんな資金集めの手法があったとは。目標の20万ドルが集まるのかどうかにも要注目だ。

Leave a Reply