Uberがクリスマスツリーを配達

Digg にシェア
Pocket

オンデマンドでハイヤーやタクシーを配車するアプリを提供するUberが、クリスマスツリーまで配達してくれる。いろいろなことを考えるものだ。

Uberのブログページより

12月5日の1日限り。午前11時から午後8時までの間に、Uberアプリに「UberTREE」のボタンが表示される。これをタップすると、生のモミの木を数分のうちに届けてくれる。値段は1本135ドル。

クリスマスに生のモミの木をクリスマスツリーとして飾る家庭やオフォスは多い。街のあちらこちらに臨時の特売場が開設される。大きさは2メートル以上あるものが多いので、持って帰るのが一苦労だ。よく乗用車の屋根に生の木を載せて走っている光景を見かけるが、載せるのが大変だし、車にキズがつかないか心配だし、途中で落ちたりすると事故の元だ。Uberで注文すれば簡単、便利で安心だ。

ところで生の木は年が明けると一斉に廃棄される。道端に置いておくと業者が無料で回収してくれる。「モミの木」が「ゴミの木」になってしまう。もったいない話だ。何か有効活用ができないものだろうか。これもそのうちUberが考えてくれることを期待したい。

Leave a Reply