T-Mobileが「JUMP!」を改悪

Digg にシェア
Pocket

T-Mobileが端末早期買換えオプション「JUMP!」の条件を変更することになったのだが、これが改悪との評判だ。

T-Mobileは「JUMP!」の条件を2月23日から変更する。今までは買換えのタイミングは半年毎、年2回が限度だったが、これをいつでも好きなときに好きなだけ買換えができるようにする。さらにタブレットも「JUMP!」の対象になった。ただし買換えの時点で今まで使っていた端末の代金の50%以上を支払っていないといけないことになった。

買換えの際に端末代金の50%以上を支払っていなければならないというのはVerizonの「EDGE」と同じだ。端末代金は通常24回払いなので、50%以上ということは1年経過後ということになる。それより早く買い換えたい場合は支払い済みの金額が50%になるように差額を支払わなければならない。

今までの「JUMP!」で半年毎に買い換えると、端末代金の25%を支払った時点で買い買えることが可能だったので、新しい「JUMP!」の方が条件は悪くなる。Digital Trendsなども「改悪」と評している。

もっとも、半年毎に買い換える必要性はほとんどないので、ほとんど影響のない変更とも言える。

Leave a Reply