Uberが結婚式を「配車」

Digg にシェア
Pocket

ライドシェアリングやタクシー・ハイヤーの配車アプリを提供するUberは、これまで乗り物だけでなくアイスクリームや子猫や、その他いろいろなものを配車してきたが、とうとう結婚式まで配車してしまった。

6月28日の土曜日、お昼の12時から夕方6時までの間にUberアプリを開くと、 「UberWEDDING」というボタンが現れた。これを選んで場所を指定すると、何とその場で結婚式ができてしまうというものだ。

Uberブログより
Uberブログより

公証人が出張サービスで結婚証明書を発行してくれる本物の結婚式だ。Uberが現場に到着してから新郎新婦が「誓います」を言うまでに45分から60分程度。その後Uberが花やケーキやシャンペンで祝ってくれ、ハネムーンまでプレゼントしてくれる。料金は無料だ。

こんないいサービスを利用しない手はない、と考えるのは皆同じ。リクエストが殺到したようだ。Uberはこのサービスのために1台しか配車の用意をしていなかったので、長時間待たされたり結局来てもらえなかったケースもあるようだ。

TechCrunchが取材したカップルは直射日光の下で3時間以上待たされて、それでも来なかったので諦めた。その代わり、新婦の妹がUniversal Life Churchにネットで申込んで即席の神父になり、その場で無事に結婚式を執り行ったという。

結婚式の配車も驚きだが、即席の神父も驚きだ。

Leave a Reply