AT&Tが12月に販売したケータイの大半がiPhone

Digg にシェア
Pocket

The Mac Observerによると、AT&Tが12月に販売した携帯端末の3分の2がiPhoneだった。

12月1日から27日までの販売台数が、iPhoneは98万1000台で66%。そんなに多かったとは意外だ。Androidスマホは12万6000台で8.5%。ベーシックなフリップ式やスライド式のケータイが12万8000台で、Androidより多かったというのも意外だ。

ただしこれはAT&Tの直営ショップでの販売結果で、家電量販店やオンラインなどでの販売は含まれず、またAppleで販売した分も含まれていないので、市場全体におけるiPhoneのシェアではないことに留意したい。さらにこれはAT&Tの内部関係者が明かしたもので、公式発表の数字ではない。

いずれにしてもすごい数字だ。確かにAT&Tの品揃えを見ると、iPhone以外は特に見るべきものがない。

 

 

Leave a Reply