iPhone 6の予約状況から判断すると

Digg にシェア
Pocket

iPhone 6と6 Plusの予約注文の受付が9月12日に始まった。開始から24時間で400万台を突破したのは過去最速だ。予約状況から判断すると、iPhone 6 Plusのスペースグレーの大容量機種が人気のようだ。

Christian Postが各キャリアの予約受付状況をまとめている。

T-Mobileは開始直後に予約受付サイトがパンクしてしまった。特に「JUMP!」の加入者の申込みがブロックされてしまい、12日はほとんどが申込みできなかった。(TmoNewsによれば、それを埋め合わせるため13日には「JUMP!」加入者の注文を優先したため、非加入者がフラストレーションを感じた。)

Sprintは15日朝の時点で、iPhone 6のゴールド全機種とシルバーとスペースグレーの64GBと128GBは初日の9月19日に入手可能だが、シルバーとスペースグレーの16GBは最大3週間遅れる見込み。iPhone 6 Plusは全機種が4-6週間の納期。

AT&Tは15日の時点で、iPhone 6のゴールドの128GBが7-14営業日、それ以外のiPhone 6は21-35営業日。iPhone 6 Plusは全機種が11月9日から27日の間に入手可能。

VerizonはiPhone 6 Plusの16GBは10月28日、64GBと128GBは11月4日。

参考までに4社のオンライン販売の最新(米西海岸時間の16日午前9時現在)の納期は以下のとおり。

ips01

在庫数など他の要因もあるので一概には言えないが、納期から判断すると、iPhone 6 Plusのスペースグレーの64GBと128GBが一番人気のようだ。

Leave a Reply