新iPadはモバイル業界の常識を変える

Digg にシェア
Pocket

Appleが発表した新iPadはモバイル業界の常識を変える、と騒がれている。ケータイ会社にとっては要注意だ。

Appleストアで販売するiPad Air 2とiPad mini 3のWi-Fi+セルラー版には「Apple SIM」カードがプリインストールされる。

Appleのホームページより
Appleのホームページより

これはSIMカードを交換しなくてもキャリアの変更ができるという代物。今のところ対応しているキャリアは米国のAT&T、Sprint、T-Mobileと、英国のEEのみで、しかも契約なしの短期プランのみに利用できるとされている。

よって今のところ影響は限定的と見られるが、今後、iPhoneや他のスマホにも採用される可能性があり、他のキャリアも対応する可能性があり、長期契約も含め他のサービスも使えるようになる可能性もある。

これについては、モバイル業界の常識を変えるもので、ケータイキャリアにとっては「由々しき問題」になる可能性があることを、Business Insiderが指摘している。

これまでは特定のキャリアだけが使えるSIMカードを当該キャリアから購入するのが当たり前だったのが、どのキャリアでも使えるSIMカードをAppleから購入するのが当たり前になる可能性がある。

キャリアと顧客の間にAppleが介在することにもなる。キャリアにとってはSIMカードに対するコントロールを失うばかりか、顧客との関係が希薄になる可能性もある。

そして、顧客は手元で簡単にキャリア変更ができるようになるため、キャリアにとっては、顧客獲得のために一層厳しい販売競争を強いられる可能性もある。

すなわち、Appleはますます潤い、キャリアはますます疲弊するという構図だ。今のところはあくまでも「可能性」としての話だが。