VerizonがGo90を試行開始

Digg にシェア
Pocket

VerizonがOTTビデオストリーミングサービス「Go90」の試行提供を開始した。

先日、作成中のWebサイトが一瞬公開されてサービス名や内容の一部が知られることになってしまった「Go90」のベータ版の提供が9月8日にスタートした。

Go90のホームページより
Go90のホームページより

TechCrunchThe New York Timesなどが伝えている。

同時に先日の時点では不明だった「Go90」の意味も明らかになった。スマホでビデオを見るときにはスマホを90度回して横長にするところから来ているそうだ。

サービス自体は無料で、Verizonのサービスに加入しているかどうかを問わず誰でも利用できるが、特に18-34才の「ミレニアル世代」をターゲットにしている。

この世代の70%が「モバイルファースト(モバイル端末優先)」でビデオを視聴しているので狙い目なんだそうだ。

Verizonはどこで儲けようとしているかと言うと、まずは広告だ。AOLのモバイル広告部門を既に買収済みだ。ベータ版で付ける広告はまだAOLの技術を使ったものではないが、追い追いその技術を導入していく。

もう1つの収入源はデータプランだ。モバイル端末でのビデオ視聴が浸透するとデータの使用量が増えて、超過料金が発生したり、より高額なプランの利用が促進されたりするだろうとの目論見がある。

どうりでVerizonがT-Mobileの超過料金撲滅運動になかなか賛同しないはずだ。

気をつけろ、ミレニアル世代!