Walgreensの会員カードがApple Payに対応

Digg にシェア
Pocket

ドラッグストアチェーンのWalgreensのメンバーカード「Balance Rewards」がApple Payに対応したと、TechCrunchが伝えている。

今までWalgreensでApple Payを使って支払いをするときは、まずレジでメンバーカード裏面のバーコートをスキャンして、それからカード認証端末にiPhoneをかざして支払わなければならなかった。

メンバーカードをスキャンせずにいきなりiPhoneをかざしても払えることは払えるが、それだとメンバー向けの割引やポイント付与ができない。

今回メンバーカードがApple Payに対応したということは、いきなりiPhoneをかざして支払えば、自動的にメンバー情報も転送されて、割引やポイントが適用されるのだろう(と信じたい)。

本当にそうなのか。幸い近所にWalgreensがあるので、ものは試しとやってみることにした。

wgbr02

お店に行く前に、事前準備が必要だ。WalgreensのメンバーカードをWalletアプリに登録しないといけない。iPhoneのWalletアプリを開いて、「パスを追加」すると、対応アプリの一覧画面が出る。

ここからWalgreensのアプリを探し出してインストールした。アプリを開いて、氏名やメールアドレスなどを登録し、既に持っていたメンバーカードを登録しようとしたが、なぜかこのカードは登録できないとのエラーメッセージが出た。

しかたなく新規にメンバーカードを作り直した。新規のカードは問題なく作れた。メンバーカードのバーコードが表示されている画面に「Walletに追加」というボタンが現れたので、これをタップしたら、Walletにメンバーカードが登録された。カード認証端末にかざすように指示が出ている。すぐにでも使えそうな雰囲気だ。

wgbr04

いざWalgreensのお店へ。はやる心を抑えてメンバー割引が適用される商品をじっくり選んで、レジに行くと、「メンバーカードはあるか」と聞かれる。「ある、このスマホの中に入っている」と自慢げiPhoneを見せる。

スリープ状態のiPhoneを、ホームボタンを指で押さえながらカード認証端末にかざしてみた。iPhoneはスリープ状態から目覚めてApple Payが立ち上がった。

もっと近づけるようにとの指示がiPhoneの画面に出た。もっと近づけた。さらに、もっと近づけるようにと表示される。もう接触するくらい近づけている。何も起こらない。

指紋がなかなか読み取れないのではないか。ホームボタンを押さえる指を変えてやってみた。一旦「OK」の表示が出て、カード認証端末に「処理中」のメッセージが表示されたが、そのままで進展しない。

何回かホームボタンの押さえ方を変えてやり直してみたが、状況は変わらない。後ろの列が長くなっていた。いらいらして待っているのだろう。こっちも必死で頑張っているのだから、もう少し待ってほしい。

ところで、カード認証端末の画面には、購入商品の明細と合計が出ているのだが、メンバー割引が適用されていない。このまま支払が完了してしまっても困る。何とかメンバーカードの情報を読み取ってもらわないと。

かざしていたiPhoneの画面にメンバーカードが表示されていたのを店員が見て、それをスキャナーでスキャンしようとするが、バーコードが半分しか表示されていなかったので、うまくスキャンできない。

メンバーカードのバーコードが全部表示されるようにならないかと店員が言うので、Walletアプリを開いて、メンバーカードを出した。「コードを表示する」をタップしたら、バーコードが全部きちんと表示されていた。店員がそれをスキャンした。カード認証端末の画面の明細と合計は、メンバー割引が適用された金額になった。

支払いがまだだ。またホームボタンを指で押さえながらiPhoneをカード認証端末にかざす。今度はすぐに「OK」の表示が出た。支払が完了したようだ。自動的にWalletアプリが終了した。

とにかく、メンバー割引は適用されて、Apple Payでの支払も無事できたようだ。あまりスムーズではなかったが。

ん? よく考えてみると、今までと変わらない。いや、今までよりも苦労した。