VerizonのカラフルボールにT-MobileとSprintが物申す

Digg にシェア
Pocket

VerizonのカラフルボールCMに対し、T-MobileとSprintがそれぞれ対抗CMで物申した。

Verizonのカラフルボールを使ったCMに対し、T-Mobileがポップアップの書き込みを入れてイチャモンをつけたが、それだけでは足りず、対抗CMまで作ってしまった。

rmnt15

タイトルは「The rest of the story.」昔ラジオのFENで聴いたポール・ハーベイの同名の番組が思い出される。「語られなかった真実」といった意味合いだ。

T-MobileはVerizonがカラフルボールのCMで語らなかった真実を明らかにする。

rmnt14

最初に赤いボールがチョロっと流れる。

rmnt16

その後、ピンクのボールが大量に流れる。他のトラックにまで溢れて、全部のトラックがピンクのボールで埋め尽くされる。

rmnt17

Verizonが語らなかった真実とは、過去2年間にVerizonが4G LTEのカバレッジを拡大したのは人口にして500万人分だけ。それに対し、T-Mobileは1億人分もカバレッジを拡大したこと。

今やT-Mobileのカバー人口は3億400万人となり、Verizonのカバー人口3億800万人とほとんど変わらない状況になっていること。

さらに、T-Mobileの「Extended Range LTE」は今までよりも届く距離が2倍に伸び、ビルの中には4倍も深く入り込むようになり、今や全米最速の4G LTEネットワークになったことだ。

このCM合戦にSprintも参戦した。

rmnt07

タイトルは「Nice try Verizon.」 Verizonの努力を称えているように見えるが、実は「失敗だったね」と言っているようなもの。

rmnt12

SprintのCMでは、4色の大きいボールが同時にスタートする。

rmnt13

黄色いボールが一番早くゴールに到達する。

Nielsenが実施したネットワーク速度調査で、SprintのLTE Plusが最速だったとの結果をもとにしているようだ。

またもや、どのキャリアも「ウチが最速」と言い出した。