バレンタインとミツバチとドーナツの関係

Digg にシェア
Pocket

Krispy Kremeが例年のようにバレンタインデー用のドーナツを2月14日までの期間限定で販売した。

Krispy Kremeのホームページより
Krispy Kremeのホームページより

今年のバレンタインデー用ドーナツは、ハート型が3種類。「Luv Bug」と「Sprinkled Heart」は去年もあったが、「Bee Mine」は新顔だ。

「Bee Mine」や「Bee My Valentine」はバレンタインデーのメッセージとしてよく使われる。単に同じ音なので「Be」と「Bee」をかけたというだけでなく、ミツバチは昔から恋愛やバレンタインに深く関わっている。

バレンタインと恋愛の関係については、古代ローマにまで遡るそうだが、諸説あるようなので、諸説に譲ることにする。

バレンタインとミツバチの関係については、聖バレンタインが養蜂家の守護聖人だというところでつながっている。

ミツバチと恋愛は、バレンタインを介して間接的につながるほか、蜂蜜が精力剤(古代エジプトでは避妊薬)として使われたという直接的な関係もある。

日本でも、花とミツバチが男女の関係に例えられることがある。花が女性の象徴だとすれば、ミツバチは男性ということになるが、森川ローヤルゼリーによれば、花に群がる働きバチはメスだそうだ。

ところで、ドーナツとミツバチの関係や、ドーナツとバレンタインの関係については、残念ながら今のとこるよくわかっていない。諸説あるわけでもない。

いずれにしても何かと理由をつけてはドーナツを食べるという風習は大切にしたい。