島田範正のIT徒然

デジタル社会の落ち穂拾い

Category

ジャーナリズム

”コロナ”については、人々は勤務先からの情報を信頼

東京オリンピックの1年先送りが決まり、難問の一つが片付きました。まだ、コロナウィルスという超難問が残っていますが、それに人々がどう考え、対応しているのかについて世界最大のPR会社と… Continue Reading →

コロナウィルスを巡る日米記者会の温度差

昨日、「米国のコロナウィルス罹患者は最大1億5千万人になるかも」という恐ろしい記事を目にしました。人口の半分ですからね。 その発言者はDr. Brian Monahanとあり、その… Continue Reading →

日本と大違い!コロナ禍対応に大わらわの米メディア

ジャーナリズムスクールとして有名なコロンビア大大学院が発行するCJRに「『shoe-leather reporting』がコロナウィルスによっていかに制限されうるか」、という記事を… Continue Reading →

両極化する米国の新聞事情

米国の新聞を巡る状況は、はっきりと二分されてきたようです。 全国紙は有料のデジタル購読者を順調に伸ばし、経営を安定軌道に乗せた一方、ローカル紙はますます厳しい状況に追い込まれている… Continue Reading →

フェイクでもリアルでもないニュースって何?

なんだか頭がクラクラします。Not Real Newsという新しいサイトに出会ったからです。 一言で言うとAI(人工知能)が作り出した記事を元にしたニュースサイトといえばいいのでし… Continue Reading →

Facebook誕生を想起させる新メディア

今朝は新たに購読を申し込んだ英文ニューズレターが届いたので、読み始めましたが、あまりの出来の良さに驚きました。 その名は「Morning Brew(朝の一杯)」と言います。内容は「… Continue Reading →

© 2020 島田範正のIT徒然株式会社KDDI総合研究所

cookie情報の利用についてUp ↑