島田範正のIT徒然

デジタル社会の落ち穂拾い

Category

世相

取材現場で記者はもう特別な存在じゃないのか

恐ろしいことです。先月25日に、米ミネソタ州ミネアポリスで、黒人男性ジョージ・フロイドさんが白人警官に殺害されてから1週間、全米で怒りの抗議行動が高まる一方ですが、これを取材し、報… Continue Reading →

コロナ禍で孤立する高齢者に電話しよう!

今朝(5月30日)の読売新聞の解説面に「コロナ長期化心のケア」をテーマに福島医大の前田正治教授の長文インタビュー記事が載っていました。 前田教授は「こころの医学講座」の主任教授で、… Continue Reading →

コロナの影響は新聞を売るホームレスにも

数日前に、ワシントンポストに「ホームレスの命綱の新聞が印刷を止めた」という記事が出ました。 どういうことか。ワシントンD.C.で発行されている「The Street Sense」と… Continue Reading →

米コロナ報道で際立つ極端な党派的分断

トランプ時代になって、党派的分断が際立ってきた米国社会ですが、新型コロナウィルスを巡る報道を続けるジャーナリストへ向ける視線も両極端。またコロナ禍で広告が激減し危機にあるローカル紙… Continue Reading →

在宅放送に工夫を凝らす米国キャスター

一昨日のNHKテレビ「ニュースウォッチ9」のオープニング。メインキャスター有馬嘉男氏がスタジオから消えました。 サブキャスターの和久田真由子さんが説明していました。 「有馬キャスタ… Continue Reading →

コロナ禍で米国の中小新聞は断末魔の様相

今月1日の当ブログ「パンデミックで喘ぐ欧米の新聞業界」では、ロックダウンの拡大で、新聞広告が激減したためにレイオフ、サラリーカット、無給休暇の強制などが横行していることを紹介しまし… Continue Reading →

© 2020 島田範正のIT徒然株式会社KDDI総合研究所

cookie情報の利用についてUp ↑