現在、私たちは、進歩したICT技術を当たり前のように使いこなす毎日を過ごしています。
しかし、まさか10年前に、今の暮らしを想像していたでしょうか。これから10年後、新しい社会基盤が実現していく、ニューノーマル時代のライフスタイルを映像で紹介します。今の私たちからは想像を超える2030年の日常。
明志田家の家族の暮らしは、確実にやってくる日本社会の未来です。

  • 「食」「買」「健」を最適化するテクノロジー

    AIとIoTの技術で、家族一人ひとりの味の好みや健康状態にあわせた最適な食事が提供されるようになります。一見、親子で同じメニューなのに、実はそれぞれ違うレシピでつくられているということも当たり前に。冷蔵庫内は常にモニタリングされて、不足した食材は自動的に発注を完了。XR(拡張現実)ゴーグルを使えば、プロなみのテクニックを子供が発揮することも可能になります。またロボティクス技術の発達で、緊急に必要になった食材もロボットが配達。面倒な下ごしらえなどの調理も機械の仕事になります。ネットワークで調理データを共有すれば離れた家族とも同じ食事が楽しめます。

  • 「学」「遊」「交」を最適化するテクノロジー

    身体機能やスキルの差、日本と海外などの障壁を乗り超えて、すべての人が参加できるコミュニティをテクノロジーで実現します。たとえばXRゴーグルと体感デバイスを着用すれば、バーチャル空間でスポーツのプレイが可能に。誰でもハンディキャップを感じずに動き回ることができて、リアルな感触までプレイヤーにフィードバックされるので、その体験が学びになり現実世界での技術向上まで叶えます。プレイヤー同士のアドバイスはもちろん、AIから一人ひとりに最適なサジェスチョンや、戦術指南も受けられます。またAIは、個人の嗜好や性格、身体能力に合わせた新たな出会いをアシスト。悪意あるプレイヤーを排除することで、快適で健全なコミュニケーションの維持も叶えます。

  • 「働」「休」「住」を最適化するテクノロジー

    専門知識や外国語が話せなくても、AIの力で世界中の、その道のプロたちと意見交換をしながら創造的な仕事に取り組めるようになります。また自動車の運転は完全自動化され、移動時間はアイデアを膨らませる時間に。到着地では個人に最適化されたレコメンドやサポートを受けられるとともに、AIによって自分だけでは見つけられなかった意外なヒントが提供されることで、日常に新たな発見が生まれます。ものづくりにおいても、AIとロボティクスが活躍。材料の調達、組み立て、ヒントになる情報の提供などあらゆる協力が得られます。人とロボットの共創からは、新しい職業も生まれるはずです。もちろん完成物の販売はネットワーク上でAIが世界中の言語に対応します。