調査レポート R&A

← レポート一覧へ
Title: 米国のMVNO最新事情
Updated: 2008/09/07
Category: 市場分析
Areas: 米国

米国のMVNO最新事情

米国では、2005年から2006年前半にかけて、DisneyやスポーツチャンネルのESPNなど、独自のコンテンツやブランド力をもつMVNOが相次いで市場に参入し、世界的にも注目を集めた。しかしこれらの新規MVNOは、思ったほど加入者が獲得できず、事業が立ち行かなくなって早々に撤退した例がほとんどである。
一連のブームが去った後、市場に残っているのはローエンド向けのプリペイドサービスを提供する旧来型のMVNOがほとんどであるが、その一方で、ベンチャー企業やテレコム以外の事業者による新規参入も後を絶たず、新たなMVNOビジネスモデルの可能性が模索されている。

このレポートを読む