調査レポート R&A

← レポート一覧へ
Title: シリコンバレーの自動車ハッカソンの状況
Updated: 2013/08/27
Category: その他
Areas: 米国

シリコンバレーの自動車ハッカソンの状況

世界の自動車メーカーがシリコンバレーに拠点を置き、シリコンバレー流のIT系開発を取り入れようという動きが盛んになる中、開発者コミュニティとの接点を持つための「自動車ハッカソン」の開催が相次いでいる。フォードなどが先行していたが、日本勢の中で米国での最初の事例として、ホンダが今回初めてAPIを公開し、Evernoteなどと共同で3日間のハッカソンを開催、センサーやリアルタイム・アラートなどを活用したアプリのアイディアが多数発表された。自動車に限らず、「ハードウェア」への注目度がシリコンバレーで高まっている趨勢が見て取れる。

World’s major automotive companies have been establishing Silicon Valley office and trying to embrace Silicon Valley style into their IT product development. As a part of such effort, “automotive hackathons” has been held by those companies in order to approach developer community. Ford started the trend and others followed, and as the first case in the US by a Japanese auto manufacturer, Honda opened API for the first time and held a hackathon together with Evernote and several other IT companies. The event was held for 3 days, and many application ideas using sensors and real time alert. It signifies the recent Silicon Valley trend where “hardware” is becoming “hot”.

このレポートを読む