脳の思念でコンピュータを操作する―BMIあるいはブレインテックの夜明け(前編)

マウスやキーボード、スマホ音声入力などに代わる新たなヒューマン・マシン・インタフェース(IT端末の操作方法)になるのか? ――人間の脳から念じるだけでコンピュータや義肢、ロボット等を操作する。 あるいは脳から私達の意思や気持ちを読み取ったり、逆に脳に外部から情報を直接送り込む、等々の技術開発が本格化してきた。

トップへ戻る