VerizonがFiOSを値上げ

Digg にシェア
Pocket

このところ米キャリアの料金値上げの動きが相次いでいる。VerizonのFiOSインターネットもそのひとつだ。

The Vergeより

The Vergeによると、FiOSインターネットのスタンダードサービスの月額料金が6月17日から10ドル値上げされる。スタンダードサービスは下り15Mbps/上り5Mbpsの速度で、現行料金は月額54.99ドル。これが64.99ドルになる。値上率は約18.2%だから結構大きな値上げだ。

もっと高速のメニューやバンドルサービスでは料金が据え置かれたり同じ料金で高速化されたりしているものもあるが、現在の加入者の大多数はスタンダードサービスだというから、この値上げは多くの加入者にとって影響がある。またVerizonにとっては大きな収入増が期待できる。

Verizonはさらに、下り300Mbps/上り65Mbpsで月額204.99ドルという新メニューも発表している。利益率の高い高速メニューに顧客を移行させようという狙いだ。

これに対する利用者や業界の反応は概ね否定的だ。一般家庭に300Mbpsのサービスは不要という声や、スタンダードサービスの速度をもっと上げてほしい(たとえば20Mbpsに)とか、もっと低速度/低料金のメニューを充実させてほしいというような声が上がっている。日本のサービスを見習え、というような声さえある。

アメリカから見ると日本のサービスはいい方なのだ。

Leave a Reply