最新iPhoneのブラックフライデーセール

Digg にシェア
Pocket

最新のiPhoneのブラックフライデーセールの内容が明らかになった。

今年もブラックフライデーが近づいてきた。サンクスギビングデーの翌日の金曜日、今年は11月23日。1年で最大のセールが繰り広げられる。

大手小売店では既にブラックフライデー用のチラシを出している。最新iPhoneのプロモーションも実施する予定だ。

WalmartではiPhone XS/XS Max/XRを買うと、300ドルのギフトカードを、iPone 8/8 Plus/Xを買うと400ドルのギフトカードを進呈するというプロモーションを実施する。

Walmartのデジタルカタログより

TargetではiPhone XS/XS Maxを買うと、250ドルのギフトカードを、iPone 8/8 Plus/Xを買うと150ドルのギフトカードを進呈するというプロモーションを実施する。

Targetのデジタルカタログより

Best Buyでは、キャリアによってプロモーションの内容が異なっている。

Verizonは特定端末を下取りに出してiPhone XS/XS Maxを買うと、新規の場合は300ドル、機種変更の場合は100ドルが請求書上で返金される。

AT&TはiPhone XS/XS Max/XR/Xを1台買うと2台目が700ドル返金される。ただし少なくとも1回線は新規に開設した上で、AT&TのTVサービスかインターネットサービスに加入していないといけない。

SprintはiPhone XS/XS Max/XRを買うと150ドルを返金するものや、1台購入またはリースすると2台目が無料になるものなど、特定端末の下取りが必要なものや不要なものを含め、多彩なプロモーションを実施する。

Best Buyのデジタルカタログより

なお、いずれの店舗でもT-Mobileのポストペイドサービスは取り扱っていない。その理由には諸説あるが、大要以下のような理由が有力だ

  • T-Mobileは料金を抑えるために代理店にコミッションを支払うのをやめたので、代理店経由での販売はやめた(Appleは別)。
  • Verizonが代理店に対し、ポストペイドのキャリアをVerizonの他に2社以内にするよう圧力をかけている。
  • T-Mobileのスタッフでさえ料金プランやプロモーションのことなどがよく理解できないのだから、代理店のスタッフが理解できるわけがないから。

個人的には一番最後の理由が好きだ。実際問題として、代理店のスタッフにとって、T-Mobile以外の3社だけでも料金プランやプロモーションなどの内容を全部理解するのは大変だろうと思う。