iPhone 5cは売れているのかいないのか

Digg にシェア
Pocket

iPhone 5cの街角広告がいつまでも絶えない。絶えないどころか増えている。5sの広告はほとんど見かけないのに、5cの広告はいたるところにある。Appleがこれほど5cの宣伝に力を入れているということは、予定より売れていないということか。

電車の停車場にもiPhone 5cの広告が

iPhone 5cについては売れ行きが悪いとか、失敗作だとか、巷ではいろいろ厳しいことを言われている。中国市場では廉価版が受けるだろうと見込んで投入したところ、結局売れているのはハイエンドの5sで、5cは苦戦しているようだ。

TechCrunchによると、iPhone 5cが売れているかどうかは込み入った話になるようだ。AppleはiPhone全体の販売台数は発表するが、5s、5cなどの内訳までは発表しないので、さまざまなソースからの情報を総合した結果での話だが、5cはこの前の四半期に1,200万台売れた。Samsungの主力のGalaxy S4は900万台、NokiaのWindows Phoneは820万台、LGのG2は230万台。それと比較すると、iPhone 5cはよく売れているではないか。

TechCrunchの元ネタのAppleInsiderが、さまざまなソースからの情報を総合した話としてiPhoneの販売台数の内訳を紹介している。同四半期にiPhone全体が5,100万台売れ、そのうち5sが3,190万台、5cが1,280万台、4Sが640万台。

要するに5cの売れ行きは5sに比べたらはるかに見劣りするが、他のAndroidやWindows PhoneやBlackBerryに比べたらはるかに売れている。これは失敗作と言えるのか。

Appleはそれでも売り足りないらしく、今日も活発に宣伝している。

Leave a Reply