調査レポート R&A

全件表示 レポート検索   |   エリア : 世界

アプリでもご覧頂けます。
2019/07/24

アートバーゼル2019参加レポート

アートバーゼルとは
スイスバーゼルにて毎年開催される世界一のアートフェア。世界の著名ギャラリーが出展し、コレクター達にアート作品を販売する場。アート業界最大のイベントの一つとなっている。

アートバーゼル2019サマリ
●オンライン取引が少しづつ増えている< ... …

Author: 沖 賢太郎
Category: その他
Areas: 世界   スイス
Tags: アート   展示
2019/05/20

世界を席巻する サブスクリプションビジネス part2

本レポートでは4つの観点から、サブスク市場を継続調査
① 成功しているサブスクの傾向分析
・モノのサブスクの場合、商材が多く選ぶ手間がかかる領域ならば、データ活用とキュレーションによって「選択の手間や時間をかけずに良いものを提供」している。
・コトのサブスクにおいて ... …

2019/04/25

医療に応用されるAI(人工知能)の現状と課題 ー IBM「ワトソン」とディープラーニングを中心に

近年、様々な分野に普及しているAI(人工知能)が、ついに私達の健康や命を預かる「医療」の分野にまで進出しようとしている。既にIBMのAIスパコン「ワトソン」が難病患者の命を救ったり、先端AI「ディープラーニング」が画像診断などで専門医に勝るとも劣らない能力を示しつつある。
こうした ... …

2019/04/25

オーバーツーリズム ~溢れる観光客と求められる全体最適化~

1. オーバーツーリズムとは何か
 地域が耐えられる以上の観光客が押し寄せ地域の環境や生活を変質させる「オーバーツーリズム」は、近年世界的に関心を集めている社会問題である。本レポートでは、オーバーツーリズムの影響を世界で最も色濃く受けるイタリアのヴェネツィア、スペインのバルセロナを ... …

Author: 半井 明大
Category: 市場分析
Areas: 世界  
Tags: 観光   ツーリズム
2018/08/22

次世代バイオ技術「ゲノム編集」の産業応用とそのリスク

微生物から動植物まで、あらゆる生物のDNAを自在に改変するゲノム編集。この驚異的なバイオ技術の実用化が間近に迫っている。
既に米国では、一部のバイオ・ベンチャー企業がゲノム編集で品種改良された大豆の栽培を進め、これを加工した「健康に良い植物油」などを2018年中にも発売する予定。一 ... …

2017/05/25

Google翻訳の性能が大幅に向上した理由とは? -- 自然言語処理に応用されるディープラーニングの原理と限界

グーグルが提供する翻訳サービス「Google翻訳」の性能が、2016年11月のリニューアルに伴い、大幅にアップした。特にスマートフォンから入力する会話文の場合、たとえば外国に出張したビジネス・パーソンが現地のスタッフと打ち合わせをしたり、運悪く急病にかかった場合に現地病院の医師らと意思疎通 ... …

2016/08/25

新しいリスク判断で稼ぐ金融スタートアップたち

融資や保険のような金融事業において値決めの肝となるのは、如何にリスクを判定するかに尽きる。新興金融プレーヤの中には、既存大手企業による画一的なリスク判定とは異なる手法で利用者をふるいにかけビジネス化している企業がいる。本レポートではそのような、新しいリスク判断と値決めによってビジネスを展開 ... …

2016/04/26

世界の新ビジネスに見る「アイドル&アグリゲーション」という潮流

スタートアップビジネスの潮流の1つに「アイドル&アグリゲーション」がある。これは、稼働していないもの(アイドル:Idle)を集約(アグリゲーション:Aggregation)し利用者に提供するプラットフォームサービスだ。スタートアップや中小プレーヤたちは様々な業界でアイドル&アグリゲーション ... …

2015/10/22

AIバブルへの警鐘――人工知能への過剰な期待は禁物、今のAIに出来る事と出来ないことを見極めることがAIビジネスの成否を分ける

近年、AI(人工知能)の発達と実用化には目覚ましいものがある。たとえば日々、認識精度を上げているGoogleの音声検索、交通・輸送手段などに革命をもたらすと見られる自動運転車、さらにはコンピュータによる同時通訳の自動化など、AIが私達の社会や産業界に与えるインパクトは広く、そして深い。

Author: 小林 雅一
Category: その他
Areas: 世界   米国
日本  
Tags: AI   人工知能
← Newer Older →