調査レポート R&A

全件表示 レポート検索   |   カテゴリ : サービス

アプリでもご覧頂けます。
2019/04/17

自動車EC ~シェアリングだけではない、車の買い方・使い方~

自動車を購入せずに使う方法として、カーシェアなどのインターネットを活用したサービスが注目を集める中、自動車を購入する方法についてもオンライン化が始まっている。国内の自動車関連のEC市場は2017年に2,192億円となった。現在のところ市場規模の多くは車両の販売ではなく、カー用品などの販売と ... …

Author: 牛山 聡
Category: 市場分析 サービス
Areas: 日本  
Tags: 自動車   EC
2019/01/29

「新零售(ニューリテール)で変わる中国の小売」

中国EC最大手の阿里巴巴が提唱した新零售(ニューリテール)。それはインターネットや培った物流を活用したオンラインとオフラインを融合した新しいリテールの形である。阿里巴巴の動きに伴い、ライバル企業である中国ネット大手の京東、騰訊、蘇寧易購、美団などが阿里巴巴に対抗する新サービスを発表し、新零 ... …

2017/11/22

米国の民泊事情とAirbnbの戦略(第2回)

シェアリングエコノミーの代表格とされるAirbnbは、資金難で家賃も払えない状態から今や300億ドルの企業へと成長し、スタートアップの成功例としてしばしば名前が挙がる。Airbnbが展開する民泊ビジネスは、新しい技術やサービスが既存の市場に破壊的変革をもたらしている典型的なパターンと言える ... …

Author: 高橋 陽一
Category: サービス
Areas: 米国  
Tags: 民泊  
2017/10/12

米国の民泊事情とAirbnbの戦略(第1回)

シェアリングエコノミーの代表格とされるAirbnbは、資金難で家賃も払えない状態から今や300億ドルの企業へと成長し、スタートアップの成功例としてしばしば名前が挙がる。Airbnbが展開する民泊ビジネスは、新しい技術やサービスが既存の市場に破壊的変革をもたらしている典型的なパターンと言える ... …

2017/08/30

車載HUDがもたらす新体験とビジネスチャンス

カリフォルニア州では2017年1月に法律が改正され、車の運転中にはいかなる目的でもスマホ等の携帯端末を手に取ってはいけないことになった。規制はだんだん強まる一方で、スマホを使う必要性は高まるばかり。車とスマホは両立し難い関係にあり、両者はますます離れ離れになろうとしている。これを解決する手段としてHUDが注目されている。
HUDは ... …

Author: 高橋 陽一
Category: サービス ネットワーク
Areas: 米国  
Tags:  
2017/07/03

ITと新しい小売業の姿の模索 -ITにより価値を分離して組みかえ、新しいサービスを生み出す試み

最新のオンライン・ファッションレンタルサービスと、そのリアル店舗展開の体験から、最近の小売店舗における「販売とサービス」の分離について考察する。このような新興サービスを支えるのは、倉庫とトラック輸送を組み合わせたロジスティクスのインフラである。一方で、日本でも問題になっているトラック・ドラ ... …

2017/05/25

Google翻訳の性能が大幅に向上した理由とは? -- 自然言語処理に応用されるディープラーニングの原理と限界

グーグルが提供する翻訳サービス「Google翻訳」の性能が、2016年11月のリニューアルに伴い、大幅にアップした。特にスマートフォンから入力する会話文の場合、たとえば外国に出張したビジネス・パーソンが現地のスタッフと打ち合わせをしたり、運悪く急病にかかった場合に現地病院の医師らと意思疎通 ... …

2016/07/07

存在感を増すオンデマンド・エコノミー

米国でオンデマンド・エコノミーが話題になって久しい。「1099エコノミー」や「ギグ・エコノミー」という呼び方もあり、いずれもカーシェアリングのUber、修理などのちょっとした仕事をお願いできるTaskRabbitといったサービスの成長にみられる、空き時間などを活用するパートタイム型またはシ ... …

2016/04/26

世界の新ビジネスに見る「アイドル&アグリゲーション」という潮流

スタートアップビジネスの潮流の1つに「アイドル&アグリゲーション」がある。これは、稼働していないもの(アイドル:Idle)を集約(アグリゲーション:Aggregation)し利用者に提供するプラットフォームサービスだ。スタートアップや中小プレーヤたちは様々な業界でアイドル&アグリゲーション ... …

2016/03/24

米大手キャリアの生き残り戦略(第2回)

2015年は米大手キャリアが顕著な変化を見せた。特にAT&TとVerizonが大きな、しかも対照的な動きを示した。両社のアプローチは異なるが、その目的とするところは同じ。スマホ市場の飽和状態や競争のプレッシャーに直面する中で、いかにして顧客と収益を確保するかという課題に対する打開策だ。

← Newer Older →