調査レポート R&A

← レポート一覧へ
Title: 欧州におけるCDMA2000 1Xサービスの動向
Updated: 2004/12/30
Category: 市場分析
Areas: ポーランド 欧州 ロシア スウェーデン ルーマニア フィンランド ノルウェー ポルトガル チェコ ラトビア

欧州におけるCDMA2000 1Xサービスの動向

EUを軸とする欧州諸国は、世界的なデファクト標準となったGSMの成功を受けて、3Gサービスにおいても、W-CDMA方式のグローバル・スタンダード化を目指している。狂騒的なライセンス獲得合戦の代償として各事業者の業績が悪化、当初のスケジュールからみると、サービス開始が大幅に遅れたものの、2004年になってW-CDMA方式での3Gサービスが続々と立ち上がりつつあることは本誌でも既報のとおりである。その一方で、米国標準ともいえるCDMA2000 1X方式による3Gサービスを提供・採用する動きが欧州でもみられ始めていることは非常に興味深い。
本稿では、欧州におけるCDMAサービスの位置づけやサービスの導入形態に関して、2004年5月に新たにEU加盟を果たしたチェコやポーランド、加盟候補国であるルーマニア、BRICsの一角を成すロシア、ノルウェーをはじめとするスカンジナビア諸国など、各国の現状を概説する。

このレポートを読む